英語の通訳

英語の通訳

日本人は外国人が嫌いだと思われることも少なくありません。
見知らぬ外国人がいたら、英語がわからないので避けてしまいたいと目を合わせないようにすることも良くある話。
外国語の苦手意識があるために無意識に避けてしまうのです。

しかし、英語ができなくても、もし声をかけられたら、多くの善意ある方は質問に答えようと奮闘することでしょう。
嫌いだから避けるわけではないのですが、勘違いされても仕方が無いことかもしれません。
出来ればこんな誤解は無くしたいですね。

英語が通訳できればもっと素晴らしい異文化経験が出来るのにと思ったことはありませんか?

海外から遊びに来た友人を日本に案内するときに英語の通訳が出来ればもっと楽しませることができるのに、と考える人も少なくありません。
とある英語通訳の方は、学生の頃に留学先でお世話になったホストファミリーを日本に案内する際に、彼らの喜ぶ顔をみて英語の通訳を仕事にしようと思ったそうです。
元々英語を仕事に出来ればと思っていたそうですから、努力するにもやりがい感じて苦にならなかったそうですよ。

日本では報酬をもらって外国人につき添って外国語を用いて案内をする場合には通訳案内士という試験に合格して登録を受けなければなりません。
通訳技術だけでなく、日本の正しい知識を伝えられるように、各外国語の試験の他に、日本の地理や歴史等も試験が設けられているのです。

英語の通訳は現在様々な場面で必要とされています。
ビジネスはもちろんのこと、観光やプライベートでも通訳の幅は広がっているのです。
しかし、通訳はその場での即応が求められることが少なくなく、コミュニケーション能力も求められる等高い技能が必要とされています。

特に日本人は文書ならば読みとり・書きとりは出来るものの、聞き取りや会話は苦手とする方は少なくありません。
日本人が英語の通訳を出来るようになるには、生の英語を聞きとり話す機会がとても重要になるでしょう。

翻訳取り扱い言語
翻訳関連サービス