ベトナム語の通訳需要増加

ベトナム語の通訳需要増加

海外旅行先としても人気がでてきたベトナム。
飛行機でわずか5時間。
魅力は北部、中部、南部とさまざまな自然があること。
ベトナム屈指のリゾート、ニャチャンは約5kmにわたって続くビーチは白砂と青い海、 そしてぬけるような青空。
壮大な自然風景が楽しめるベトナムの中部高原ダラットも人の心を魅了してやみません。
旅行者が訪れずにはいられない、世界でも稀な景色が広がっています。

そして、日本人の口にあうベトナム料理。
フォーや生春巻き、揚げ春巻き、ベトナムコーヒーも大人気で
日本の食料品売り場にベトナム食材のコーナーがあるほどです。

なによりうれしいのは、ベトナムの企業の経営者たちは、日本人を雇用したがっているという事実。
それは、日本人のスキルの高さはもちろん、チームワーク力や他人を思いやる気持ちなども日本人ならではのものとしてかなりの高評価を得ています。

ベトナム人に比べて高い賃金をしはらってでも日本人を雇いたいと言う話をよく耳にします。
これは、日本の経済力、そして技術力を頼みに、日本と不快関わりを持ちたいと言う願いもあるようです。
ですから、今この時、そしてこれからも、ベトナムと日本両国の懸け橋となってくれる人材は必要とされていくでしょう。

両国の懸け橋となる人材。
それは、ベトナム語ができ、日本語にもたけている通訳者ではないでしょうか。

しかしながら、この通訳というスキルは、個人の勉強だけ取得するには課題もなすべき訓練も多大です。
そして、その力が本当の意味で世界を舞台に通用するものでなくてはなりません。

例えば、実際の場面では、話し手がうまく表現できる方とはかぎりません。
その方の言いたいことを正しく「汲み取り」、「判断」して通訳することが要求されます。
また、ベトナム語においても日本語に置いても両方に同じく、たけていなければなりませんし、
相手が聞き取りやすい声づくりにも、その訓練は及びます

他にも、習得しなければならないことは数多くあり、実に多種多様ですから、個人の力ですべてをなしとげるのはかなり困難なことではないでしょうか。

ベトナム語の通訳をめざすのでしたら、
専門の講師のもとで、環境が整ったレッスンを受けることが道をひらく第一歩ですよ。

中国・台湾・東南アジアの通訳・翻訳・アテンド通訳・観光案内・ガイド通訳・観光バスの手配などもワールドシティ株式会社へお任せください