タイ語の翻訳2

タイ語の翻訳2

Twitterの6秒ビデオ共有アプリケーションのVineが、新たな言語のサポートを開始しているというニュースを読みました。
現在、Vineがサポートしているのは全部で19言語。
新たに加わったのは、デンマーク語やオランダ語、フォンランド語、フランス語、ドイツ語、タイ語など。
iOS版やAndroid版の双方でサポートが開始されていて、今後ますますネットを介したコミュニケーションの輪が広がるものと思います。

こうしたインターネットサービスの世界は、いち早くグローバル化が進んでいることを実感できるものですね。
楽天などが社内公用語に英語を採用しているように、もはや多数の言語を習得していることは、必須スキルとなっています。
そうした流れに遅れることのないよう、語学を習得したいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

日本で今後需要が伸びると思われるのは、アジア圏の言語。
なかでも、今年になってビザ規制が緩和されたタイとのお付き合いは親密になるものと思われるため、タイ語のスキルはさまざまなビジネスシーンで必要とされるのではないかと思います。

現にさまざまな企業が、日本国内にいるタイ人スタッフや現地スタッフとのやりとりができるタイ語の翻訳スキルが高い人材を必要としています。
こうしたニーズは今後ますます高まることでしょう。

IT技術が進化してグローバル化が進む世界にあって、言語コミュニケーションスキルが高いということは、評価の対象となるだけでなく、新たな道を切り拓くことにもつながるに違いありません。
これから語学を学ぼうという方におすすめしたいのは、英語だけでなく、タイ語などのアジア圏の言語です。

タイ語の翻訳スキルがあれば、ビジネスシーンだけでなく、SNSのコミュニケーションも円滑に進み、将来にわたって必要とされるタイの人々とのネットワークを構築することにも役立ちます。
SNSなどを活用して独自に開拓した海外ネットワークを活かせば、新たなビジネスチャンスを生みだすことも可能となります。
自分力を磨きたいとお考えの方は、語学力のスキルアップが必須ですね。

中国・台湾・東南アジアの通訳・翻訳・アテンド通訳・観光案内・ガイド通訳・観光バスの手配などもワールドシティ株式会社へお任せください