英語翻訳はどのくらい?

英語翻訳はどのくらい?

洗練された英語に翻訳する機会がある人はどれくらいいるでしょうか?

ちょっとした文章を理解するために翻訳するならば、あまり高い英語の翻訳能力はいらないと感じる人も多いのではないでしょうか?
しかし、文学作品を見てみると、その翻訳はとても注意深く繊細に行われていることがわかるのではないでしょうか。

例えばNHKでは村上春樹の作品「かえるくん、東京を救う」の英語翻訳のラジオ番組がありますが、この短編一つでも、様々な解釈の中から最適な翻訳が行われているか検証しつつ作品を深く味わう興味深いラジオ番組です。
一つの文章がどういった洗練された翻訳が行われているのか垣間見ることで、英語翻訳の奥深さを知るわけですね。

英語が苦手だという人でも、仕事が関わっていれば英語でも理解しなければならないことも多いでしょう。
さらにいえば、日本語を英語に翻訳しなければならない場合もあれば、英語を日本語に翻訳し直すこともあるでしょう。

日本人が一番やりやすいのは、英語を日本語に翻訳することでしょう。
日本語を英語に翻訳し直すことは英語がネイティブである方にはやはり一歩届かないことも多いわけです。

仕事で、会議で英語の翻訳が必要な時、どのようにしているでしょうか?
自分で翻訳出来ればいいのですが、なかなか上手くいきませんよね。

文章が大事だという印刷の業界でさえ、英語の翻訳がみすぼらしい場合もあります。
中には英語の文書をそのまま自動翻訳アプリに入れ込んで出た結果をそのままコピー&ペーストしたような最悪な作品もあるようです。
お金をかけて作られた公的機関の翻訳本でさえそのようなものがある位ですから、翻訳に対して多くの方が困ったことになっている状況にあるのは確かなのではないでしょうか。

英語の翻訳はプロに任せた方がいいということもあるようです。
社内だけで見るのなら拙いものでもよいでしょう。
しかし、お客様や相手企業などに魅せる場合には会社の信用というものがありますから、英語の翻訳もしっかりとしたものにしたいものですね。

文学作品のような素晴らしい翻訳とはいかなくても、最低限のビジネス文書や顧客対応は行っていけるような英語の翻訳にしてきたいものですね。