決め手となる中国語の翻訳

決め手となる中国語の翻訳

黄砂やらビジネスやら、なにかと毎日話題にのぼる中国。
今や、アメリカにせまる経済大国として、その卓越した技術力をはじめ、広大な敷地と、働き手となる人の多さも中国が発展してきた要因ではないでしょうか。
世界各国の企業が中国に進出し、あらゆるビジネスに欠かせない国として成長しつづけています。

正直言いますと、中国語は中国本土、台湾、香港、シンガポールなど、世界的に見れば一部の国でしか使われていません。
しかしながら、ことビジネスの世界においては、中国語はますます重要な言語になってきますし、世界各国との商談などにも、中国が舞台となる機会がどんどんでてくることでしょう。

経済の発展において、欠かすことのできない中国語。
ひとくちに中国語といっても、中国語は文字表記において、 繁体字と簡体字に分けられます。
簡体字の中国語は、中国本土やシンガポールを中心に使用されている文字になります。
また、繁体字の中国語は、香港や台湾、マカオなどを中心に使用されている文字です。
どの地域で読まれるものかによっても、どちらの文字表記をするべきか異なりますし、また、読み手となる方に応じて使い分けることも必要な時があります。

また、なにに利用する文章なのかによって、言葉の使い方がことなってきます。
例えば説明書。
どんな年齢のかたにも分かりやすいように、やさしい表現で詳細に説明するべきなのか、専門家だけが読むもので、専門用語などを使っても大丈夫なのかなど、丁寧な言葉が求められるもの、言いキリのカタチでも大丈夫なもの、発注の仕方によって、お望みの翻訳が作成されるのです。
しかし、このような詳細で専門的な打ち合わせはは、翻訳専門のきちんとした業者であれば、もれなくご説明いたしますし、正確に判断することでしょう。
もし、時間的に余裕がありましたら、無料の翻訳トライアルを利用するのもひとつの方法です。
過去における実績も重要なポイントになるでしょう。

中国・台湾・東南アジアの通訳・翻訳・アテンド通訳・観光案内・ガイド通訳・観光バスの手配などもワールドシティ株式会社へお任せください