中国語の翻訳 3

中国語の翻訳 3

世界には大きな中華街がいくつかありますが、日本にある中華街では日本語も通じるのでなかなか便利です。
しかし、やはり中国語も使えればさらに便利に互いに快くなることは確かなことですね。

2013年1月から10月の累計訪日観光客数が過去最高を記録し、東日本大震災前の861万0人をこえ、965万9600人となっています。中国人の観光客が前年比の74.1%増となっており、個人ツアー旅行が回復傾向にあることがうかがえます。
中国人観光ビザ発給要件緩和により、申請条件が富裕層から一定以上の信用能力を備えた人に変更されたこともあるかもしれません。

中国からの人気の高い観光地は東京・京都・大阪・北海道で、中国人観光客の消費は国別トップとなっており、1人当たりの消費額がオーストラリアに次いで2位の18万8000円となっています。
日本では現在、観光地では英語だけでなく中国語も一緒に看板が出ているところが少なくありません。
地図や案内文、その地域の文物に対する紹介文は中国からの観光客にとても便利に思われているようです。

しかし、やはり中国語の会話が出来ればさらによいことは確か。
中国語の通訳が出来ればコミュニケーションが広く取れるわけですね。

人が多くなれば、トラブルも増えてきます。
残念なことに旅行者も多い中国人ですが、来日外国人検挙数から見てもおおいのが中国人。
多くの犯罪を行った中国人は日本語が話せないことも多く、中国語の通訳をつけて犯罪について取り調べを受けているようです。

中国語の通訳の方は大きな会議等にも呼ばれることもあるそうですが、司法通訳としても仕事を受けることがあるそうです。

通訳としてはやはり大きなビジネスとなるのはやはり企業。
中国との取引は大変重要ですから、書面での取引だけでなく実際に面会して確認し合うこともビジネスでは欠かせないことになっています。

中国語の通訳は中国人の方が多いものですが、現在では日本人の方も増えてきています。

中国・台湾・東南アジアの通訳・翻訳・アテンド通訳・観光案内・ガイド通訳・観光バスの手配などもワールドシティ株式会社へお任せください