中国語の翻訳2

中国語の翻訳2

世界でよく話されている言語のひとつは中国語を上げる人も多いでしょう。
約12億人が使用している言語です。
中華人民共和国や台湾、シンガーポールなどを中心に話されており、国連の公用語のひとつでもあります。
日本にとっては漢字が使われている国であり、海を挟んでむこう側の身近な国の一つでもありますから、関心のある言語の一つと言っていいでしょう。
漢字がわかるから、何となく親近感を持っている人もいるのではないでしょうか。

日本の大学生が第二外国語を選択する際には、漢字があるから比較的中国語の勉強は楽なのでは?と思われがちですが、大学で第二外国語をとって挫折する方も多いのも中国語。
日本語で使われる漢字と比べて画が多くて古い場合や簡易化された場合もあり、新たに漢字を覚えなければならない面も出てくるでしょう。

語順は英語と同じくする部分が多く、日本語とは大きく異なる面も。
発音は四声がネックになり、耳をきたえねば判別が難しい言語と言えるでしょう。
中国語を翻訳できるような実用レベルまで持っていくためには、難易度はちょっと高いようです。

しかし、中国語の必要性はすぐにでも高まっているのは事実。
中国政府と日本政府の領地問題は大きなネックとなっているものの、民間においてはビジネスや観光等において無くてはならない間柄となっているのです。
日本には中国からの観光客は多く来ていますし、中国の安価な製品はよく見かけるようになりました。
今や中国語には触れずとも、大きな影響を受け合っているのは確かなことですね。

中国語の翻訳が早急に求められている場面があります。
それは特許関係。
中国で特許を認められるためには中国語でのみ出願が可能となっているのです。

これは翻訳を信頼できるところに任せるか、出来れば社内で行いたいところ。
もし他に情報が漏れてしまったら、特許が別の団体に取られてしまう可能性もありますからね。
世界でも最も話されている言語の一つですから、英語だけでなく理解できるようになりたいものです。

中国・台湾・東南アジアの通訳・翻訳・アテンド通訳・観光案内・ガイド通訳・観光バスの手配などもワールドシティ株式会社へお任せください